ムーニー「トレパンマン」は効果あるのか。もうすぐ3歳の娘に使ったレビュー。

スポンサードリンク

2歳11ヶ月娘のトイトレ中のみーごです。

まだまだおもらしが多くて、洗濯と掃除で精根尽き果てております…涙

さて、そんな心の折れるトイレトレーニング中、藁をも掴む思いで購入してみたムーニーの「トレパンマン」

トイトレ用の紙おむつとして有名な商品ですが、果たしてどれくらい効果があるのか?

実際に使ってみた感想をレビューしたいと思います!

 

トレパンマンとは

 

トレパンマンとは、「紙おむつの10倍濡れた感じがする」というトイレトレーニング専用の紙おむつです。

万が一漏らしても床を汚さないけど、漏らしたときの不快感は残る!という紙おむつと布パンツのいいとこどりをした商品!

ただし吸収するのはおしっこ2回分で、それ以上は容赦なく外に漏れる仕様になっています。

 

男女別商品になってまして、男の子用はブルーのトイストーリーが、女の子用はピンクのミニーちゃんがあしらわれたデザイン。

 

サイズはLとビッグの2展開で、それぞれ対応体重が以下の通り。

  • Lサイズ: 9kg〜14kg
  • ビッグサイズ: 12kg〜17kg

わりと対応体重広めです。

うちの娘は体重12.2kgなので、Lサイズを購入しました。

 

使いかた

トレパンマンの使い方は以下の通り。

 

  1. おしっこをすると浮かび上がる「お知らせサイン」がついていたら教えてあげる
  2. サインで間隔をつかみ、タイミングをみてトイレに誘う。

 

紙おむつ同様、おしっこをしたらお尻のあたりにお知らせマークが浮かび上がってきます。

それを確認して、子供の排尿する間隔を把握してそれに合わせてトイレに誘ってみる、という流れ。

 

ここまでは紙おむつでも同じ手順で出来ますが、トレパンマンの方が不快感を感じやすいのでおむつ外れが進みやすいようになっているようです。

 

おしっこ実感シートの効果は?紙おむつと比較してみた

「紙おむつの10倍濡れた感覚がする」というおしっこ実感シートの威力はいかほどなのか、試しに水で濡らしてみました。

 

トレパンマンのおしっこ実感シートの効果は?

 

全然伝わらない写真ですみませんが(色水でやってない)、一応こちら濡らした後です。

触ってみると、確かに冷たい!

水をかけるとすぐにズシッと重く、冷たくなります。

 

 

普通の紙おむつ(パンパース)も濡らして比較してみました。

 

トレパンマンとパンパース比較

 

これまた何も伝わらない写真ですみませんが…(写真の意味)

 

パンパースは濡らしてみると、多少はひんやりとはしていますけどトレパンマンよりもずっとさらさらしています。

全然重くならない。

冷たさで言えば確かにトレパンマンの方が冷たいです!

 

時間を置いてもう一度触ってみても、やはりトレパンマンは濡れたばかりのあのズシッとした冷たさがずっと残り、
パンパースは時間が経つにつれ さらっとするのでこのままつけていても快適だろうな〜という感じ。

 

こうして比較してみると、確かにトレパンマンの「おしっこ実感シート」は普通のおむつよりもかなり不快感を感じやすく作られていると思いました!

 

※ちなみに「紙おむつの10倍濡れた感じがする」というのはムーニー製品比です。
手元にパンパースしかなく…すみません。

 

実際に装着してみた娘の反応

威力も分かったところで実際に娘に履かせてみた感想ですが…

 

なんと、無反応!!(゜o゜;

 

平然とトレパンマンにおしっこをし、そのままスルーして遊び続けておりました…。

 

濡れた感覚が分からなかったのか、不快感は覚えつつも無視して遊んでいたのか定かではありませんが、うんともすんとも言いませんでした。

 

みーご

そもそも布のトレパンですら濡れても気にしないタイプの娘にはあまり意味がなかったのかも…( ;∀;)

 

一度だけおしっこの量が多くて洋服まで濡れてしまったことがありましたが、

それでも数回使っているうちに「このパンツにおしっこしても別に大丈夫だ」と思うようになったのか、平然とトレパンマンに用を足す日々。

 

当たり前ですが、一度でも子供に「漏らしても大丈夫なんだ」と思わせてしまってはダメですね…。

 

ネットを見ても「最初は効果あったけど慣れたらダメだった」「効果は微妙だった…」というような声が散見されるので、個人差はあれど劇的な効果は期待できないのかもな、という印象でした。

 

トレパンマンのアプリはなかなか便利

ただ、トレパンマンのアプリはなかなか便利です。

機能としては以下の通り。

 

  • ごほうびシートにカメラをかざすとムーニーちゃんが応援してくれる。
  • 「ごほうび写真ボタン」で、トイレ成功時に王冠などが合成された写真が撮れる。
  • 「トイレの記録カレンダー」で排泄時間の管理ができる。

 

特に便利なのがこの「トイレの記録カレンダー」なんですが、

排泄時間・声がけの有無・トイレに行けたか・排泄ができたか・オムツ交換したか、などを細かく記録できるツールになっています。

 

 

トレパンマンのアプリ

 

 

それぞれタップするだけで選択できて簡単。便利なメモ欄もあり。

 

そして、次のトイレの時間を知らせてくれる「お知らせアラーム機能」もあるのでうっかり誘い忘れた!という心配もなし!

 

 

トレパンマンのアプリ

 

このアラーム機能がなかなかいいです。

その日の振り返りもできて、トイレの成功率などもグラフで確認できます。

 

このアプリ、トイレトレを始めたばかりの「排尿感覚を掴んで誘う」段階ではかなり活躍すると思いますし、

細かく記録できるので「ママがトイレに誘わなくてもできるようになってきた」など トレーニングの進み具合を把握することができて超便利です!
トレパンマンの効果は微妙だった…という方でもアプリは結構使えるかもです。

 

 

トイトレ
トイトレ
開発元:Unicharm Corporation
無料
posted withアプリーチ

 

トレパンマンはうちの子には効果なし(´;ω;`) でも、トイレトレに疲れたときには便利な商品!

トレパンマン自体は普通のものよりかなりひんやりするように作られていますが、うちの子にはトレパンマンはあまり効果がありませんでした^^;

個人差はあれど、正直トレパンマンだけではおむつ外しまでたどり着くのは難しいかも…?と思います。

ただ、トイレトレがなかなか進まず、「ちょっとトイレトレをお休みしたい…」という時にトレパンマンはおすすめ。

うちは第二子妊娠してつわりがピークの時に活用し始めましたが、全くの紙おむつに戻すよりもリセット感がなく、気持ち的に楽でした。

 

現在我が家では布パンをメインで使用し、心身ともに限界を迎えた時にトレパンマンに頼る(笑)、という使い方をしています。

娘も紙おむつとさほど変わらない感覚でいるかと思いきや、少しずつでも進んでいるので、まあこんな使い方もアリなんじゃないかと思います。

 

いつかは外れるはずと分かってはいつつも、スムーズにいかない事も多いトイレトレーニング。

親も子も精神的に追い詰められすぎず、ゆるく続けるにはとても便利な商品だと思いました(^^)

 

 

スポンサードリンク