ついにきた役員決めの季節。いつも消極的な私が保護者会役員になったワケ。

スポンサードリンク

早いもので、0歳児クラスも残すところあと数日になりました。

つい最近入園したような感覚ですが、もう一年経つんですよね。

入園当初はみんな赤ちゃんだったのに今はもうみんなとてもしっかりとしていて、子供の成長は早いなあとしみじみ思います。

 

さて、年度の終わりとともに、先生より来年度の保護者会役員決めのお知らせがやってきました。

子供が産まれる前から頭の片隅で恐れていたPTA。

うわああああついにきたあああとガクブルしていたのですが、なんと、諸々の事情により、

その恐れていた役員を務める運びとなりました。

 

ひえええええええええ\(^o^)/

 

人生初の役員決め、まさかこんなに早く、そして私みたいな内向的コミュ障人間が役員になるとは…自分でも驚いています。

胸を張って言える大それた理由はまったくありませんが、私の中ではかなりビッグな出来事なので

保育園の役員決めの流れと、役員を務めることになった経緯について記事にしたいと思います。

 

そもそも役員の仕事内容とは?

そもそも役員とはなんぞや、一体どんな仕事をするんだというと、

どこの園も大体同じかとは思いますが、基本的には保護者と保育園の橋渡しをするのが仕事で、運動会・お遊戯回といった行事の手伝いも担います。

具体的には以下の通り。

 

  • 会費の集金、予算管理
  • 各行事の企画、運営、お土産などの準備
  • ベルマーク集計
  • 保護者⇔園の連絡調整
  • 卒園児対応(プレゼント準備、式でのスピーチなど)
  • 進級、卒園時の先生へのプレゼント準備
  • 会議への参加

これらを役員全員で担い、その他にも会長・副会長・会計・書記などの役職も割り振りされます。

 

作業内容の重さは担当する行事や役職によって様々らしく、「そんなに大変じゃなかったよ~」という方もいれば「ものすごく大変だった…」というママもいて、正直どれくらい重いのかはまだ未知数…。

楽であることは期待してないけど、どんなものなのかはちょっと不安です。

ただ、集まりに関してはさほど頻繁ではない?ようで、基本的にはメールでのやりとりが多いとの事でした。

 

役員の決めかた

これは園によってそれぞれだと思いますが、うちはまず「できる」「できない」の希望を全員が出せるようにしてくれました。

くじ引き、じゃんけん、先生から打診を受けた、といったパターンが多いみたいですね。

くじとかじゃんけんは一番公平だけど、事情のある人は困るだろうな…。

希望を出せるというありがたい状態だったので断ろうと思えば断れたのですが、

悩みに悩んで断らなかったしょうもない理由は以下の通り。

 

私が役員に立候補した理由

① 断る理由がないから

そのまんまですが、うちには役員が出来ない事情がありませんでした。

 

役員を断れる理由って、

  • 妊娠中もしくは出産を控えている
  • シングルマザー/ファザー
  • 配偶者が単身赴任中
  • 介護中
  • 既に役員をやった

 

などが主だったところだと思うのですが(もちろん他にも家庭により様々事情があると思いますが)、うちはいずれにも当てはまりません。

なので、自発的に「やりたい!」という人がいるなら別として、誰もやれる人がいないならうちには断れる正当な理由がありませんでした。

 

そんな消極的な理由です(´・ω・`)

 

仕事が忙しいのはみんな同じだし、現役員さんも子供3人いて激務なのに頑張って下さっていたので、

その状況と比べたらうちなんか子供も一人だし余力あんじゃんって感じで。

(あ、ただ仕事に関しては人によってキャパも違うし、ものすごく激務な人もいるし、仕事を理由に断る人を批判するつもりはありません。)

 

そして誰も役員やれます、という人がいなかったので、手を上げました。

やれる人がいないから手を上げただけという、胸張って偉そうに言えることじゃ全くありませんが、主だった理由はこれです。

 

② 早いうちにやっておくほうがいいかも?と思ったから

保育園に通うのは6年間。

一人目であれば避けようと思えば避けられるかもしれませんが、第二子以降はそうもいかないだろうし、卒園してからも小中高と長いことつきまとうPTA…。

 

どのみちやることになるなら、なんとなく卒園前だと大変そうだし早くに済ませてしまったほうがいいかなというイメージで引き受けました。

 

ええそんな打算的な理由です(´・ω・`)

 

これは実際そうだったみたいで、後々聞いた話では子供がまだ小さい0~1歳児クラスの役員さんは会長職を免除していただけるようです。

会長になるとそれはもう大変らしく・・・。

これは想定外だったので、ちょっとほっとしたところです。

 

③ 夫も一緒にやるよと言ってくれたこと

夫が「俺も一緒にやるよ」と言ってくれたことも、とても大きかったかもしれません。

そもそも私があんまりやりたくないなあと思っていた理由が、

「私なんかにできるだろうか?」「私がやって逆に迷惑にならないだろうか?」といった能力的な不安が大きかったので。

(あとはこういう役員ごとが好きだと思われても後々嫌だなというのもあり…いや、これはまだ懸念ありだな)

夫がすすんで「俺もやるよ」と言ってくれたのはすごく心強く感じました。

 

もちろん全て丸投げするつもりはありませんが^^; お互い協力しあってきちんと役員の仕事をこなせていけたらなと思います。

家事育児に役員の仕事に、どんだけ夫に頼るんだ私…って感じですね…。

 

立候補して今思うこと。

役員、できればやりたくないがみんなの本音だと思います。

友人の通う園では、勇気あるママが会長に立候補し保護者会を廃止するという革命を起こしたそうで、この話を聞いて私もやったるかと一瞬だけ思いましたが^^;

私にはそんな気概もないし、役員会がなくなったら行事の準備は全部先生がやることになるんだろうか?と思うと(ボランティアとかやりかたは色々あるんだろうけど)

おこがましいですがたくさんお世話になっている園や先生がたの助けに少しでもなれればいいなと思うようになりました。

もちろん行事の手伝いだけではなく、保護者と保育園の要望を橋渡しするのも大事な仕事なんですけどね。

 

役員経験者のママがみんな口をそろえて「保育園のことをもっとよく知る機会になった」「上のクラスのママと仲良くなれてよかった」とおっしゃっているので、大変な分、得られるものも色々ありそうだなと思っています。

「誰もやらないから・・・」という後ろ向きな理由で手を上げた役員ですが、今はわりと前向きな気持ちです。

 

実際始まったら、大変すぎてこの記事書き直すくらいの勢いになるかもしれませんが(笑)

迷惑だけはかけないように自分の役割をしっかりとこなしていきたいと思います。

頑張るぞ。

 

スポンサードリンク