二人目の産前休暇中にやってよかったことリスト。

スポンサードリンク

今月半ばの出産に向けて、5月中旬から産休に入りました。

 

一人目の時はほぼ出産準備と保活、逆子治療のため鍼灸院に通いつめたりで終わった産前休暇。

今回は保活もなし、予定帝王切開なので出産日も決まっているし、ベビーグッズは大体のものが揃ってるし、

ありがたいことに上の子は保育園に預けられるので(というよりも休むと退園になってしまう)一人目以上に自由時間があるように感じます。

 

出産後はこんな自由な時間を満喫することは難しいので、

二人目の産前休暇にやってること・やってよかったことについてまとめたいと思います!

 

一人目出産後に書いた育休中やってよかったこと編はこちら↓
こちらは主に産後、仕事復帰前について書いてます。

育休中の過ごし方について、復帰後だからこそ思うことをまとめています。 育休から復帰して1年半ほど経ちました。 去年の今頃はちょうど保育園が決まった頃で、残りの育休期

 

ひとりランチを楽しむ

一人目の産休時もひとりランチしてやってよかったなーと思うので、今回も行きました。

産まれてからしばらくは一人でゆっくり食事なんて夢のまた夢ですからね…!

外食自体も、子供一人ならなんとかなっても二人だと頻度が減りそうな予感がしています。

 

ちなみに食べたもの一例。代官山のトムス・サンドウィッチ

 

芸能人にもファンの多いお店ですが…美味しかったけど高かった…。

 

せっかくだから子連れで行けないお店にと思ったけど、いざ探そうとなるとなかなか行きたいお店がなく
産休前からもっとリサーチしておけばよかったなーと思います。

 

ドラマを観る

子供がいると何かとお世話になるAmazon。

プライム会員の方も多いかと思いますが、その特典を活かしAmazonプライムで無料でドラマを観まくりました。

時間を気にせず昼間からドラマを観まくれるなんて超幸せ…!!まさに今しかできないことで大満足です。

 

観たものは、Amazonオリジナルの「はぴまり」、「ダメな私に恋してください」(はぴまりでディーンにハマった)、「結婚できない男」、「コウノドリ season1」など…。

Amazonオリジナル番組やドラマも口コミを見るとなかなか評判が良く気になったのですが、観たいものを全部網羅する時間がなく断念。

もうちょっと時間があれば海外ドラマも観たかったけど、中毒性高いから自重しました。

でも本当はこっちを観るのが正解だったかもしれない…。

 

プライム会員になるには年会費3,900円かかりますが、送料無料やおむつなどの値引きに加え、

プライムビデオやミュージック、写真のオンライン無制限ストレージといったプライム会員が無料で使えるサービスをトータルで考えると、本当にコスパがいいです。

プライムビデオは出産後も夜間授乳のおともにフル活用したいと思います!
(午前3〜4時とかテレビショッピングしかやってないので…)

 

 

一人カラオケ

カラオケが趣味なのですが、生まれてからはしばらく行けないので(というか、3歳の上の子産んでから一度も行ってない)ここぞとばかりに行きました。

平日の昼間からヒトカラ…!(恥)

妊娠中なので思いっきり腹から熱唱は出来ませんでしたが、久しぶりに歌えてスッキリしました^_^

 

美容院に行く

出産前は美容院に行く人がほぼかと思いますが、とにかく楽な髪型にしたくて縮毛矯正と黒髪に戻しました。

出産時は梅雨時期なので、超絶くせ毛の私(しかもなぜか一人目出産後さらにクセが強くなったという)には縮毛矯正は必須。入院中にヘアアイロン持ってくのも荷物ですし。

量も結構減らしてもらって、ドライヤーの時間短縮も叶う髪型にしてもらいました。

いやー超ラクです!

 

ついでに美容師さんに産後の抜け毛を防ぐ方法を聞いてみました。

科学的な根拠のある話ではなくあくまで美容師さんの持論だそうですが、「たんぱく質をしっかり摂ること」だそうです。

産後しばらくしてから抜け毛が始まることを考えると、出産のダメージというよりも授乳によって栄養分が取られることのほうが大きそう、髪はたんぱく質だからしっかり摂取したら良いのでは…とのこと。

摂取して髪に効果が表れるのは大体3ヶ月後くらいだそうなので、今のうちからしっかり蓄えておきたいと思います。

 

思い切り昼寝をする

一人目出産時、空いた時間はウォーキングやらヨガやらストイックに費やしほぼしなかった昼寝!!

今しか出来ないことをと無理くりアクティブに過ごしていたのですが、ゆっくり昼寝することこそ出産前の今しか出来ないことでした…(上の子を保育園に預けられるから出来ることですが^^;)

臨月に入るとお腹も張りますし、出産に向けてゆっくり過ごすのも妊婦らしくて(?)よかったです。

 

上の子との時間を大切にする

出産も近くなると察するものがあるのか、上の子が甘えてくることが多くなりました。

上の子にとってもママを独り占めできるのは今だけですし、ママにとっても上の子に目一杯時間をかけられるのは今だけなので、二人の時間を大事にするようにしました。

保育園をお休みして二人でおでかけしたり(でもお腹が大きいとなかなか大変…)、いつもよりたくさん遊んだりぎゅっと抱きしめたり。

出産入院中は寂しい思いもさせてしまうしなー。

 

産まれてからもなるべく上の子との時間は取るようにしたいですが、どこまで出来るかわからないので…今出来るうちに出来る限りをしてあげたいと思います。

 

その他したこと

入院&出産準備

当たり前ですが入院・出産準備も。

産休に入るまではなかなか手を付けられませんでしたが、一人目とは違い、どんなグッズを揃えるかリサーチの手間がないのと 前回購入したものがほぼ使いまわせるのですぐ終わりました。

出産準備も新たに購入したものは肌着と洋服くらい。上の子と同じ性別だったらこれもお下がりがきいたのですが^^;

平日の昼間からベビー服の買い物に行けたのはすごく楽しかったです。

いつもは娘連れてなので、ゆっくり洋服を吟味するなんて出来ませんからね…(_ _;)

 

入院中の娘のグズり対策品を購入

入院準備とあわせて、実家に預けた娘がお見舞いに来たものの帰らない!とグズった時を想定して対策品を準備しました。

 

 

中身は娘の好きな恐竜のおもちゃ(只今恐竜にドハマリ中)、帰りの電車の中で食べられるお菓子、バスボール(これも娘大好き)、アンパンマンのシールでデコったお手紙など。

「ばあばのお家でバスボール入ろう!」とか、「このお菓子食べながら帰ろうね!」とかそういう促し方ができそうなものをチョイスしたつもりですが、果たしてどうなるやら。

ちなみにバスボールはお風呂イヤイヤ発動時にも使えるかなと思って色んなキャラクターのを何種類か購入。

 

 

いざ預けてみると案外ケロッとしてた…なんてパターンもあるかもしれませんが^^;

いずれにしても3歳で親元を離れて一週間過ごすので、ちょっとしたご褒美にもなればいいなあと思います。

 

諸々の病院めぐり

産休入ってから娘の斜視や心雑音の精密検査、娘が中耳炎で一週間高熱が出たり、

胃腸炎になったり、歯医者さんにフッ素塗りに行ったり、持病で元々通院している病院への通院、予防接種などなど…

とにかく連日病院に通いました。

加えて自分の産院や歯医者。毎日どこかしらの医療機関のお世話になり、目まぐるしかったです。

働きながらだともっと大変だったから、産休入ってからで良かったけど…でもここまで通うことになるとは(;´Д`)

 

精密検査やフッ素、予防接種系は下の子が生まれる前の方が断然楽に決まっているので(臨月間近も大変だったけど)無理くりスケジュールを詰め込みました。

小さい赤ちゃんを連れて病院に行くと病気をもらう可能性もありますし、済ませられるものはなるべく産前に済ましておくべしですね。

 

部屋掃除

通常の掃除は毎日分散させながらちょこちょこしつつ、普段できないところの整理とか、もはや物置きと化してしまったベビーベッドの掃除などをしました。

あとは娘のタンスの中身を整理して、下の子用のスペースを確保。

本当はもっと色々掃除したいけど、里帰り中にまた汚れそうなので帰ってくる直前に夫にお願いする腹づもりでおります(えええ)

 

娘&自分の里帰り荷物のまとめ

退院後そのまま実家へ帰るのでその荷物をまとめて宅急便で発送しました。

前回里帰りした際に置いていったもの(ベビーバスなど)があるので、必要なものとしては主に洋服だけ。

しかも1ヶ月くらいの滞在なのでそんなに大荷物にはならないだろうと思いきや、搾乳機や授乳クッションなど細々した荷物があり思った以上に多くなりました。

 

その他オムツなどの消耗品はAmazonで実家へ直送、ベビーベッドはダスキンの「かしてネッと」でレンタル。

これ全部取り揃えて運んでたら大変なことだっただろうに、便利な世の中だ。

 

悔いなく過ごしたい産前休暇。やりたいことのリストアップがオススメ!

うちは子供二人の予定なので、これが最後の妊娠、産休になります。

これが最後の長期休暇(すみません…)だと思うと悔いなく過ごしたくて、毎日スケジュールを立てているのですがそのおかげでダラ妊婦を脱却し日々色んなことが出来てると思います。

産前休暇は短めだけど、予定が立てやすいのが帝王切開のいいところですねえ。

 

産休は残り一週間を切りました。

出産後の目まぐるしい生活に備えて、今だけの静寂で自由な時間、楽しみたいと思います!

 

スポンサードリンク