二人目帝王切開のほうが痛かった…後陣痛と傷の痛みに悶た私の出産レポ。

スポンサードリンク

先日帝王切開にて第二子を出産しました!

一人目が緊急帝王切開だったため、今回は予定帝王切開での出産。

 

二人目の帝王切開ってどうなの…?一人目よりもっと痛いの…?とハラハラしつつも迎えた出産。

手術当日の流れや術後の痛みの経過、激痛だった後陣痛のことなど、出産レポとしてまとめたいと思います。

 

予定帝王切開当日の流れ

当日手術までの流れですが、

尿検査、体重・血圧測定、 経腹エコー (通常の健診通り。内診はなし)

病室に移りNST

手術着に着替え、着圧ストッキング着用、剃毛、点滴など

自分で歩いて手術室へ。

という流れでした。
(当日朝からの入院です)

前回は緊急だったので車椅子で手術室まで移動したけど、今回は手術台に上がるまですべて自力。

普通に動けるけど、手術前なのにスタスタ歩いて自分で手術台にも寝転がるというのがなんだか変な感じでした。

 

いざ手術開始!

手術室に行くまではこれから出産するという実感がなく、手術室に入ってようやく緊張しだしました。

心臓はバクバクしていて、まだ心の準備が…という心境でしたが(遅)、そんなことはよそに着々と進められる手術の準備にどんどん緊張は増すばかり。

エビのように背中を丸めて行う脊髄麻酔は、痛みと注入されるときの違和感・気持ち悪さで姿勢を保てず(_ _;)

ちゃんと丸めたほうが早く麻酔が終わるとのことでしたが、怖さもあってなかなか出来ませんでした。。。

麻酔をしたあとは尿管を挿入。これも前回地味に痛かった記憶ですが、今回は麻酔のおかげか痛みはゼロでした。

 

そしてあっという間に手術開始。

ぐいぐい押されるような感覚は「あーこんな感じだったなあ…」と懐かしい感じだったけど、前回は意識が朦朧としていたので聞こえていなかった、ハサミで自分の体を切る音が聞こえて背筋がゾワゾワ(゜o゜;

そしてだんだんと押されるだけの感覚ではなくて、はっきりとした痛みを感じるようになり…

赤ちゃんが出るまでには、あまりの激痛に脂汗だっくだく!!

帝王切開で麻酔が効かない話はたまに耳にしていたけど、もしやその状況だったんでしょうか!?

助産師さんが手術の緊張や不安を和らげようと歌のリクエストを聞いてくれたけど笑、とてもそんな余裕がなくて「痛い…」と声を絞り出して訴えると、その場の空気が変わり酸素マスクと麻酔を追加してくれました^^;

それで少し和らいだもののやはり痛みが激しくて、手術が終わるまで必死に耐えていました…。

そういえば前回は麻酔による吐き気や息苦しさに襲われたけど、今回は全くなく…完全に効ききっていなかった?のかもしれません。

 

そんなこんなで手術中はまさかの激痛でしたが、赤ちゃんが生まれた瞬間だけは痛みが吹き飛びました!

スポンとなにかが抜けたような感覚とともに赤ちゃんが取り上げられ、元気な産声を聞いた瞬間自然と涙が…。

痛みが忘れられたのは本当にその瞬間だけでしたが^^; とても感動しました。

 

術後の経過

まさかの手術直後からの後陣痛!!

二人目以降のほうが痛いという後陣痛、確かにものすごい激痛でした。

前回は意識朦朧としていたせいか手術直後は痛みも少なく、どちらかというと麻酔による痺れのほうが不快だったので今回の激痛っぷりは想定外!

手術中から痛みがずっと引かず、助産師さんに「もしかしたら後陣痛かもね」と言われ こんな早くにくるの!?とビックリ(゜o゜;

後陣痛はキューッと締め付けられるような痛みのようなのですが、どちらかというとズキズキに近い感覚だったので傷の痛みもかなりの部分あったかと思います。

硬膜外麻酔+痛み止めの点滴をしてもらっていても全く効く気配がなく、助産師さん曰く「手術直後からこんなに痛いのはもしかしたら麻酔があまり効いてなかったのかも」とのこと。。。

こんな痛みが続くんじゃ死ねる、と思っていましたが、後陣痛は当日の夜には波のある痛みに変わり(といっても、常時激痛から 痛い→めっちゃ痛いの波に変わっただけだけど)翌日にはだいぶ楽になっていました。

長引かなくてよかった…。

 

傷の痛みの経過

後陣痛もあったので傷単体の痛みがどれほどだったかは不明ですが、手術中からずっとお腹がズキズキ痛かったです。

痛み止めの点滴をフル活用したものの、痛みが和らぐことはなく…。

でも、意識が朦朧として眠くなるので寝逃げする形で激痛から逃れることはできました。

ちなみに、個人的には痛み止めの点滴よりも座薬の方が効いた気がします。

でも恥ずかしくてなかなか座薬をお願いできず…笑 今思えば、恥を忍んでお願いしておけばよかったと思います。

 

傷の痛みが少し落ち着いて楽になったのは術後5日目くらい。

直立歩行が出来るようになったのも4〜5日目くらいですね。

ここでぐっと楽にはなったけど、退院して2週間ほど経過した現在もまだ痛くて歩くのが辛いときがあります。

前回はもうちょっと早く回復していたような記憶なんですけどね…。

そんなわけでいまだに痛み止めが手放せない日々を送っています。。。早く治まってほしい(T_T)

 

産後3日目で風邪発症!咳と痰で地獄を見る。

手術数日前から娘が風邪を引き、うつったら嫌だなと思っていたら… 完全にもらっていました(´;ω;`)

産後3日目で悪寒・関節痛とともに37.8度の発熱、咳や鼻水も出始め速攻で助産師さんに相談。

葛根湯などの漢方と咳止めを処方して頂きましたが、あまり強い薬は飲めないので効果はさほどなく…。

咳き込むたびに地獄をみました。

激痛とともに傷が熱くなり、裂けたんじゃないかと思うくらい…。しかも、咳をするたびに傷の痛みがどんどん増していくという…!

いまだに傷が痛いのは咳のせいじゃなかろうかと思う。

痰をきるのも結構きつかったです。

鼻をかむのも痛いかと思いきや、そんなに腹圧を入れずに出来たので意外と大丈夫でした。

 

熱で体中痛くて新生児の世話どころではありませんでしたが、おっぱいが張ってしまうから休むに休めず。

もーーー地獄でした。

こちらの記事↓でも書いたけど、体調管理、マジで大事です。

二人目の予定帝王切開まであと数日。 緊張するようなまだ実感がわかないような…とても複雑な気持ちです^^; 上の子は緊急帝王切開だったため心の準備など全く出来ぬまま手術と

 

ちなみに夫も娘からもらった風邪でダウン。娘本人もなかなか熱が下がらなかったのと、私の体調も悪かったため今回入院中はなんとお見舞いに来た人ほぼゼロでした^^;

 

歩行訓練は翌日昼から

手術翌日のお昼から歩行訓練開始。

前回はいきなり歩いた記憶だけど今回は寝返りを打つところから始め、次に座るポジション、そして歩く、と時間をかけて少しずつ体勢を変えていきました。

でも、硬膜外麻酔の影響で片足の感覚がなくてド派手に転んでしまい、この日の歩行は断念。

術後1日目にして背中の硬膜外を抜き、麻酔の解けた翌日に仕切り直しすることになりました。
(こんなに早く抜くの怖かった。。痛みは麻酔を抜いた日だけで、その後は座薬や飲み薬でなんとかなったけど)

麻酔が抜けて足に力が入るようになったら、わりとすんなりと歩けました。

やっぱり動いたほうが体の回復は早い気がします。

 

絶飲食は短期間で済みました!

前回の入院から変わってまして、今回は当日夕方から水分が解禁、翌日の朝食からいきなり普通食になりました(゚д゚)!

絶食期間は手術当日の一日のみ。飲み物は手術当日もガブ飲みしなければOKだったので、数時間程度で済みました。

前回同様、一日半の絶飲食+流動食生活を覚悟していたのでビックリです。

どうやら腸を直接傷付けていないからという理由らしいのですが、回診にいらしたお医者様も「常識って変わるんだね」と驚いた様子でおっしゃっていました。

しかし術後の激痛で肝心の食欲・空腹感はほぼなかった…。

絶飲食のかわりに、腸閉塞を予防するために「大建中湯」という漢方を処方され、退院後もしばらく服用していました。

 

2回目の帝王切開の方が痛かった…!!

二人目の帝王切開は、一人目の時よりも間違いなく激痛でした。

手術中の痛みから始まり、想像以上のスピードと痛みできた後陣痛と、傷そのものの痛み…。

おまけに風邪まで引いてしまい、咳と痰でさらに傷が痛むわで大変な地獄でした。

今回は麻酔の効きがあまり良くなかったということがあるにしろ、後陣痛+術後の痛みのダブルパンチは非常に辛かったです(T_T)

でも、出産当日は「もう二度と出産なんかしない」と思ってたのに、生まれた息子が可愛くて日増しにどんどん愛しくなって、退院した今はもうひとりほしいと思ってしまっています…^^;

出産の痛みは忘れるのは本当だけど、さすがに忘れるの早すぎるぞ自分…!

 

痛みはともかく、母子ともに無事出産できてよかったです。

なんだか支離滅裂になってしまいましたが、以上私の二人目出産レポでした!

 

スポンサードリンク