保育園親子遠足。お弁当、持ち物、服装、パパの参加率など行ってみて分かったこと。

スポンサードリンク

先日、1歳児クラスの娘と親子遠足に行って来ました。

昨年の親子遠足は雨で中止になってしまったので、今回が初めての遠足!

どんなものを準備したら良いやら悩んだ事が諸々…。

ということで今回は、お弁当や服装、持ち物、パパの参加率など、実際に行ってみて分かったこと・感じたことなどまとめてみたいと思います。

 

一番悩ましいお弁当問題。お弁当箱と中身について。

どんなお弁当箱にするか、どんな内容にしようか、みんなキャラ弁だったらどうしよう、一人だけ気合い入れすぎてても嫌だし等々…

一番悩んだのがお弁当。

結論から言いますと、あまり気負いすぎる必要なしでした。

 

どんなお弁当箱がベストか?

お弁当箱は、うちは夫・娘・私の3人分だったのでこんな感じのを準備↓

 


Afternoontea 角型3段ランチボックスS ¥3,672(税込)

 

さすがに3段だと多いので、これ2段におかずとおにぎりを入れて持っていきました。

それが重いの何のって…(アホ)特に帰りは邪魔でしかなかったです。

 

周りを見てみるとお重からタッパーまで様々でしたが、子ども用と大人用でお弁当箱を分けている人が多かったです。

大きなお弁当箱を持っていくよりもかさばりませんし、子どもも喜びますね。

もしくは、食べ終わったら小さくつぶせる使い捨て容器でもよかったなと思いました。

 

 

 

こんな感じのとか。

 

 

デザートはこんな感じのカップとか…。

荷物も軽減できますし、遠足から疲れて帰ってきた後、お弁当箱の洗い物もなく楽ちんです。

 

お弁当の中身は何がいいか?

お弁当の中身ですが、やはり基本はぱぱっと片手で食べられるもの。

「サンドイッチ or おにぎり+ちょっとしたおかず」という感じで、おかずはからあげ・ミートボールあたりが人気でしたね。

副菜はプチトマト、ブロッコリー、ヤングコーンなど。

もしくは、おかずのかわりにデザートのフルーツを持ってきている人も多かったです。

 

サンドイッチだけというご家庭も意外と多く、総じてみんな軽めでした。キャラ弁の人は一人もおらず。

園によるのかもしれませんが、あまり気合を入れすぎる必要はなかったです!

 

万が一周りがみんなキャラ弁だった時の気休め程度におかずにアンパンマンのフォークピックを刺していったのですが、娘大興奮。

 

 

フォークを落としてしまった時にも使えますし、気分にムラのある2歳児でもご機嫌に完食してくれて助かりました。

 

ちなみにおやつやデザートの交換はありませんでした。これも園によるかも?

 

パパや兄弟を含む家族の参加

パパは気になるであろう、他のパパ達の参加率。

今回うちのクラスでは、兄弟姉妹がいないご家庭ではほぼ全員参加されていました。

うちの園では兄弟姉妹は原則参加できないルールになっているため、上or下のお子さんのいるご家庭は留守番していたものと思います。

従って、兄弟姉妹を連れて来られている方もゼロでした。

園の決まりにも左右されると思うので、パパや兄弟姉妹の参加率については事前に先生に確認してみてもいいかもしれません。

 

服装

言うまでもなく、親も子も「動きやすい服装」ですね。

ただ、普段保育園だとNG服が多いですが遠足では多少ゆるめでもOKかな?

スカート・ワンピースの子もいましたし、男の子ではサロペットの子もいました。

園から特に何も言われていないのであれば、多少オシャレして行っても良いかと思います。

 

ちなみに、遠足中は保育園でいつもかぶっている帽子を着用したのですが何も考えずお団子にしていって失敗…!

帽子がかぶれませんでした!(_ _;)

迷子防止のためにも帽子を被る園がほぼかと思うので、ヘアアレンジをするなら妨げにならない髪型をおすすめします。

 

持ち物

持っていってよかったもの

遠足に持っていってよかったものは以下の通り。

  • 羽織り
  • 予備のお箸やフォーク
  • おしりふき(お手拭きなど)
  • ポリ袋(ゴミ入れたり何でも使える)
  • 使い捨てお食事用エプロン
[/boader]

まだ朝晩寒い時期なので羽織りを持っきましたが、冷房よけにも使えて良かったです。

予備のお箸・フォーク類は子供が落とした時用に持っていきました。持っておくとお友達にもささっと渡せて便利。

これらにプラスして持っていったほうが良かったなと思ったものは、お弁当箱の下に敷くクロス

屋外のベンチで昼食を食べたので、テーブルに直置きよりも敷くものがあったほうが衛生的でした。

 

いらなかったもの

一眼レフ。

超絶邪魔でした。

後述しますがとにかく先生の引率に子供をついていかせるだけでいっぱいいっぱいで、ほぼ写真撮れず!

遠足中はカメラマンさんが同行して写真を撮ってくださっていたので、撮るのであればスマホで十分でしたね…。

荷物はとにかく身軽に限ります。

 

その他感じたこと

自由行動があまりなく、先生についていくので精一杯。

子供たちのペースというよりも時間の都合で急がねばいけない場面が多々あり、先生の引率に子供を従わせるので精一杯でした。

「あれ見たい、これ見たい」とごねる子供を小脇に抱えながら先生の後をついていき、随所で集合写真を撮影し、すぐさま移動…。

周りのママを見てもみんなてんやわんや(笑)

なんだか目まぐるしく、あっという間に解散の時間になりました。

 

みーご

解散後再入場してもOKだったので園内は後でゆっくり見られたんですが、普段よりどっと疲れが…。

 

しかしこれは半分、というかほぼ一眼と無駄にかさばる弁当箱のせいでもあると思う…(アホ)

やはり荷物は身軽に限ります。

 

お土産屋さんに要注意!!

遠足での要注意スポットがお土産屋さん。

団体行動中たまたま通りかかって、「入る!!」と娘(;´Д`)

「後でね」という説得は効かず、抱えてその場を立ち去ろうとすると地面に寝転び大泣き…。

 

みーご
まさに地獄絵図…。

 

お土産屋さんやガチャガチャといった厄介スポットは園内MAPなどであらかじめチェックして、

付近を通りかかる際は子供の注意を逸したり、身を挺して視界に入れないよう対策を練ることをおすすめします(笑)

 

保育園の親子遠足まとめ

行く前はあれこれ準備はどうしようと考えた遠足ですが、先生やお友達とみんなでお出かけなんてめったにない機会。

子供と一緒に思う存分楽しむためにも、お弁当も含め荷物はとにかく簡素・身軽に尽きるなと思いました。

 

親子遠足、昼食では先生と一緒にお弁当を食べて普段の様子をよりたくさん聞く事ができたし、

娘も保育園のみんなと楽しそうにはしゃいでいて参加して本当によかったです!

来年の楽しみがまたひとつ増えました(^^)

みなさんも楽しんできて下さいね!

 

スポンサードリンク